So-net無料ブログ作成
検索選択

村田諒太の判定員は誰だよ!負けはおかしいでしょ!講義するべき

2017年5月20日に行われた村田諒太選手の世界初挑戦は
まさかの判定負けとなりネット上で話題になっています。

試合は村田選手が優勢かと思われた試合でしたが
残念な結果に終わってしまいました。

この結果にネット上やプロボクサーの方が
おかしいでしょ!という意見が多いですね。

これは判定員に講義するべきなのではないでしょうか。

いったい誰がジャッジしたのか
この試合についていろいろ調べてみたのでどうぞ!


スポンサードリンク





村田諒太の試合の判定員は誰?負けはおかしい!講義するべき


昨日の試合の判定員は誰なのかについてですが
3人の判定員がジャッジを行いました。

パディリアさん(パナマ)が111-116でエンダム選手
アールさん(カナダ)が112-115でエンダム選手
カイズJr(アメリカ)が117-110で村田選手

という判定で村田諒太選手は2-1で判定負けという結果に。

2人の判定員がエンダム選手が優勢だったという判定をし
名前ぐらいしか詳しい情報はありませんね。

昨日行われたWBA世界ミドル級王座決定戦の相手は
同級1位の元世界王者であるアッサン・エンダム選手です。

試合は村田諒太選手の右ストレートが炸裂し4ラウンドでは
ダウンを奪い、その後も重いパンチがヒットしていました。

アッサン・エンダム選手は足元がふらつき
何回かダウンになりそうな場面がありました。

ですが判定は負けということで
私も納得いかないんですよね。

村田選手の負けの理由についてですが「手数」が少なかったのではという
理由が挙げられ、手数の少なさが判定に響いたのではと言われている。

元プロボクサーの竹原慎二さんも「手数が少なかったね。」と
コメントしており「ゴングが鳴るまで倒しにいかなきゃ」と言っていた。

でもやっぱりこの判定はおかしいですよ!

この時解説していた「神の左」を持つWBC世界バンタム級王者の
山中慎介さんもこの結果に納得できないようです。

これは判定員や協会などに講義するべきじゃないのと思うのですがね.....

ですが試合後村田諒太選手は「第三者が決めることなのでどうこう言えない」
というコメントをしており本人は講義する気は無いようですね。


スポンサードリンク





このおかしい判定にネット上では八百長疑惑が噂されており
批判する声で炎上していました。

「不名誉な判定。腹がたつ」
「これは本当にぶったくりだ。村田は明らかに勝った」
「恐ろしい判定だ。ミステリアスなジャッジ」
「胸が悪く鳴るような結果」
「八百長疑惑あるぞ」

などなどほとんど批判の声がありましたが
エンダム選手を高く評価する人もいましたね。

今後八百長なんかが発覚すれば大問題ですよ。

村田選手は今回の試合を集大成として挑んでいたようで
負けたことで気持ちの整理が必要と言っていました。

簡単にまた挑戦しますとは言えないようでした。

今後どうなるかはわかりませんが
今回の試合は後味が悪い試合となったようです。

※追記
WBA、ヒルベルト・メンドサJr会長が再戦指令。
自身のツイッターで自分の採点を117-110と公表し
村田が勝っただろうと今回の結果に怒りをあらわにしていました。

村田選手、帝拳ジム、日本のファンにお詫びしたいとコメント

再戦を要求すると言っていましたが
帝拳ジム本田会長は「やりたくない」とコメントしています。

長文となりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました!


スポンサードリンク







コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。